業界トップクラスの相続ノウハウと実績。東京・大阪を中心に全国対応。

相続した不動産の売却代金、共有持分通りに分けないと贈与税が発生!?

2016年3月22日

共有持分が決められていた財産を相続した方から、売却に関して次のようなご質問をいただいております。

 

Q.【ご質問】

亡父から受け継いだ土地を、最近売り払いました。

 

もう兄弟の間で、共有持分を無視して、その代金を平等に分け合いました。

 

所得税の申告をしようかと思っていたのですが、共有持分のために、払わなくてはいけない税金が増えてしまう可能性はあるでしょうか? 

 

<質問者様のご状況>

1.亡父が遺した土地は、売ると約12000万円になりました。

2.母はだいぶ前に亡くなっているので、相続したのは私と弟、妹の3人だけです。

3.「兄弟3人で平等に分けたい」と思って、2ヶ月前に弟と妹に4000万円ずつ渡したばかりです。

4.譲渡所得ができましたから、所得税の申告をすることになりました。

5.「共有持分」が決めてあったことは初耳でしたが、その内容は次の通りです。

長男(質問者)

2/5

次男(弟)

2/5

長女(妹)

1/5

 

土地を売った代金も、この「持分」のパーセンテージ通りに分けなくてはいけなかったのでしょうか? 

今から、何かの税金の支払いを要求されるような事態になってしまいますか? 

 

 

A.【ご回答】

共有持分が設定されていた財産を相続したのであれば、売却後の代金はその定めにしたがって分配する必要があります。そこは、まさにご推察の通りです。

 

ところがその代金を持分通りに分けていないとなると、差額については「贈与したもの」と、法の下では解釈されます。つまり、贈与税の対象になりますね。

 

その贈与税の金額ですが、次のような手順で計算することになります。

 

1.持分の指定にもとづいて、質問者様とご兄弟が受け取るべき金額を計算します。

 

12000万円×2/54800万円

12000万円×1/52400万円

 

質問者様と弟様は4800万円、妹様は2400万円です。

 

2.実際の分配内容との差額を計算します。

 

質問者様:4800万円-4000万円=800万円

弟様:4800万円-4000万円=800万円

妹様:2400万円-4000万円=-1600万円

 

3.差額にもとづいて、贈与の関係を整理します。

 

妹様は、質問者様と弟様から800万円の贈与を受けたことになりますね。

 

そのため、妹様には1600万円分の贈与税を納付する義務が生じるんです。

しかし質問者様は贈与税を払う必要はありません(譲渡所得の所得税だけでOKです)。

 

4.贈与税額を計算します。

 

1600万円-110万円(基礎控除額)=1490万円

 

1000万円超~1500万円以下の場合は、税率が45%で控除額が175万円ですから、

1490万円×0.45175万円=495.5万円

 

妹様は4955千円の贈与税を払わないといけないんですね。

持分の指定よりも1600万円余分にもらってしまった結果、その三分の一近い税金を徴収される、というわけです。

 

 

 

【今回のポイント】

1.共有持分が定められた資産は、換価した場合も、その持分に忠実に分けることが要求される

2.万一持分を無視した分け方をしてしまったときは、差額については「贈与が行われたもの」と判断される

3.特に不動産の場合は共有名義になっているケースが珍しくない。しかし歳月の経過とともにその詳細が忘れ去られてしまうことが多いため、売却の話が生じたら登記簿によく目を通すことが重要。

 

 

ご質問ありがとうございました。不動産を相続したときに売却を選ぶ方はたくさんいます。

この方法には「兄弟姉妹の間で均等に分けやすくなる」という利点がありますね。

 

しかし持分が設定されていたらその内容に適した売却計画を立てる必要があります。判断に迷うことがあるときは、迷わずOAG税理法人にお問い合わせくださいね! 

 

 

☆「共有持分」とは

2名以上の人物が、単一の資産を共同で所有するときに、各人が持つ権利の割合。

特に不動産に対して使われることが多いです。共有者は、共有する資産についてその持分に応じた利用をすることが認められます。しかしその資産の売却するときは他の共有者から同意を得る必要が生じます。

 

 

☆「譲渡所得」とは

所得税の区分のひとつ。不動産や有価証券等の資産を他者に譲渡して、その引き換えに発生した所得を指す言葉です。

ただし事業用の商品のような棚卸資産や金銭債権の譲渡に関しては、譲渡所得にはカテゴライズされません(事業所得や雑所得に該当するため)。

 

まずは、お客様の現状やご希望をお聞かせ下さい。

私たちは、ご来社いただけるお客様に限り、無料でご相談をお受けしております。
そこでしっかりとお客様の現状を把握し、その状況に基づいて最適なプランをご提案いたします。お客様にご納得いただけた場合にのみ契約をしていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

相続相談カテゴリ
ピックアップ相談
2021年3月4日 相続 不動産
《火災があった場合の家屋の評価》 New
2021年2月26日 手続き
《国外居住親族に係る扶養控除等の見直し》
2021年2月19日 贈与税 納税
《所得税・贈与税の申告・納付期限の延長》
2021年2月10日 不動産 保険
《税制改正大綱 国外財産の相続税等免除》
2021年2月5日 不動産
《税制改正大綱 土地に係る固定資産税等の負担調整措置》
2021年1月28日 贈与
《税制改正大綱 住宅取得資金の非課税措置の見直し》
2021年1月22日 贈与税 相続 贈与
《税制改正大綱 贈与税の非課税措置の見直し》
2021年1月18日 贈与税 相続
《税制改正① 相続税と贈与税の一体課税》
2021年1月13日 相続
新年のご挨拶
2020年12月17日 相続 納税 不動産 遺言
《内縁の妻に自宅不動産を遺贈する場合の注意点》
2020年12月11日 贈与税 相続 贈与 調査
《現金預金を生前贈与する場合の税務上の留意点》
2020年12月4日 相続 相続範囲 法定相続人
《相続放棄した場合の債務控除》
2020年11月27日 相続 手続き 相続人
《国外居住者の相続税の納税義務・債務控除》
2020年11月20日 相続 不動産 手続き
《先代名義の未分割財産がある場合》
2020年11月13日 相続 保険
《小規模企業共済に関する税務》
2020年11月10日 相続 相続人 法定相続人
《安易な相続放棄にご注意?》
2020年6月19日 節税 手続き
《チケット代を払い戻さず寄付すると寄付金控除が受けられるようになりました》
2014年10月1日 遺言
遺言はなぜ必要?ないとどうなる?
ニュースと
相続に関する
旬な情報
メールマガジン登録