業界トップクラスの相続ノウハウと実績。東京・大阪を中心に全国対応。

《配偶者の税額の軽減》

2021年4月23日

Q.夫が亡くなり財産を相続しましたが、配偶者は相続税がかからないと聞きました。もし財産をすべて私が受け取って相続税がかからない場合には、相続税について何も手続きをしなくてもよいのでしょうか?


A. 

「配偶者の相続税の軽減」という特例があるため、配偶者に相続税がかからない可能性があります。ただし、相続税がかからない場合でもこの特例を受ける場合には申告が必要です。


【制度の概要】

配偶者の税額の軽減とは、お亡くなりなった方の配偶者が遺産分割や遺言によって譲り受けた遺産額について、次のいずれか高い金額までは、配偶者に相続税がかからないという特例です。

・     1億6,000万円

・     配偶者の法定相続分相当額(例えば相続人が配偶者と子供の場合は1/2)


【適用要件】

配偶者の税額の軽減を受けるためには、相続税の申告書に税額軽減の明細を記載し、戸籍謄本等と配偶者の取得した財産がわかる書類(遺言書の写しまたは遺産分割書の写しと印鑑証明書など)を添付して提出しなければなりません。なお、特例を受ける方は戸籍上の配偶者である必要があります。したがって、いわゆる内縁の妻などはこの特例を受けることができません。

また、相続税の申告期限までに遺産分割ができていない財産については、この特例を受けることができません。(遺産分割協議がまとまらない場合については2021年4月5日の記事をご参照ください。)

 

【注意事項】

今回の相続(一次相続)でなるべく配偶者が相続することにより相続税が少なくなっても、次回の配偶者自身の相続(二次相続)ではこの特例を受けることはできず、また相続人の数が減ることにより基礎控除や生命保険金などの非課税枠が少なくなり、相続税が多くなることもあります。そのため、配偶者固有の財産がどのくらいあるか、二次相続で小規模宅地の特例(2019年9月20日の記事参照)を受けることができるかどうかについても確認が必要です。

一次相続だけでなく二次相続も含めて対策を行うことをおすすめします。

 

シミュレーションが必要な場合やご不明点がございましたら、お気軽にOAG税理士法人へお問合せください。

まずは、お客様の現状やご希望をお聞かせ下さい。

私たちは、ご来社いただけるお客様に限り、無料でご相談をお受けしております。
そこでしっかりとお客様の現状を把握し、その状況に基づいて最適なプランをご提案いたします。お客様にご納得いただけた場合にのみ契約をしていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

相続相談カテゴリ
ピックアップ相談
2021年5月7日 納税
《マイナポイントに対する課税》 New
2021年4月23日 相続 遺産分割 節税
《配偶者の税額の軽減》
2021年4月16日 節税 不動産 手続き
《消費税の適格請求書発行事業者とは何ですか?》
2021年4月9日 相続
《相続により取得した上場株式の譲渡所得と損失の繰越申告》
2021年4月5日 相続 遺産分割
《遺産分割協議がまとまらない場合の相続税の申告》
2021年3月29日 相続 保険
《死亡保険金の受取人を孫にした場合の注意点》
2021年3月19日 相続 贈与
《相続時精算課税の確認方法》
2021年3月15日 不動産 手続き
《過去に買換え特例を利用した場合の取得価額の引継ぎ》
2021年3月4日 相続 不動産
《火災があった場合の家屋の評価》
2021年2月26日 手続き
《国外居住親族に係る扶養控除等の見直し》
2021年2月19日 贈与税 納税
《所得税・贈与税の申告・納付期限の延長》
2021年2月10日 不動産 保険
《税制改正大綱 国外財産の相続税等免除》
2021年2月5日 不動産
《税制改正大綱 土地に係る固定資産税等の負担調整措置》
2021年1月28日 贈与
《税制改正大綱 住宅取得資金の非課税措置の見直し》
2021年1月22日 贈与税 相続 贈与
《税制改正大綱 贈与税の非課税措置の見直し》
2021年1月18日 贈与税 相続
《税制改正① 相続税と贈与税の一体課税》
2020年6月19日 節税 手続き
《チケット代を払い戻さず寄付すると寄付金控除が受けられるようになりました》
2014年10月1日 遺言
遺言はなぜ必要?ないとどうなる?
ニュースと
相続に関する
旬な情報
メールマガジン登録